モルガン皐月で赤テンを延長

たまにはアクアパッツァの攻略を書きます。モルガン皐月の話。
テンションの話なのでかなり重要。重要ったら重要です。

モルガンを使っていると HS>痺れ矢>強弓 のコンボを入れる際、痺れ矢を当てたところで赤テンションが終了して白に戻るってことがよくある。HSを入れた辺りからエモーションアイコンのところに下矢印が出てる時なんかはもう、コーラを飲んだらゲップが出るくらい確実に戻る。
赤テン域の好感度が敷居のところまで減少しきった際にキャラの硬直が解けて初めて白テンに戻る処理がなされるから、コンボ中だといわゆる"ノーキャンセル"の部分で白に戻るってこと。
だからはじめは強弓の直前に白に戻されてダメージが減るのが嫌だから、いっそHSキャンセル強弓で痺れ矢を省いて赤を維持したまま強弓で締めた方がいいかなって家計の節約に勤しむ主婦の目線になってた。

だけどその後の展開を考えると、白い強弓でもまずくはないんだってわかった。

赤テンの時に技を当てました。確かにダメージは高いだろうけど、白テン時でも白テン時なりのメリットがあって、それは好感度が増えるということ。コンボ途中に白に戻ったことで起き攻めという相手が操作できない時間の内に確定で好感度を稼げる点が重要だと思ってください。ここからがタイトルにある「赤テンを延長」の中身。
強弓で相手をふっ飛ばして、皐月6D出して、五月雨ファイアーの中A狩駆けA派生を最速で3回空振ると、先程のコンボで白テンに戻ったばかりのモルガンがもう赤テンになります。こんなことがあっていいのか。
実際は、皐月6Dが出てる間にも起き上がってから抵抗出来るキャラ(長い下段持ちとか)がチラホラ居るので3回もA駆けAで突っ込んでいくのは安定ではないけれど、A狩駆けA2回で赤テンになる直前になるのでここで止めておいて自分の好きなタイミングで赤テンにさせるのも手。

ムックのフレーム表で強弓を見てみると好感度増加の欄に20/0とある。これは動作開始2f目で好感度が20増えて強弓をヒットさせた時に0増えるという意味。それからモルガンがアシストを呼んだ時の好感度上昇値は20、モルガンが赤テンになるために必要な好感度は400(敷居値と呼ばれます)なので、この時点でテンションが400中の40溜まったということになる。
加えてA狩駆けは動作開始2f目に40、派生ダガーも空振って20増加するので1セット+60、しかもこのゲーム前進する行動をすれば馬鹿にならないレベルの好感度が増える恩恵があるので狩駆けは数値以上にテンション上がる。
f:id:shahrih:20060720144929j:plain
モルガンの敷居値400は全キャラ中トップタイ*1の早さ。その場の勢いとテンションで生きてる野蛮人であることが伺える。
ただ、赤テンになってもお調子者(笑)という開発の粋な計らいにより防御力が低下しているから興奮のしすぎには注意だと言いたい。
まあそれ以上に赤テン時のゲージ回収量がモルガンの強みのひとつなので、「また赤テンになったけどどう動くか?」を大切にして活かしたいところ。

*1:トウカも400