読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WA2 coda かずさルートクリア

ゲーム WHITE ALBUM 2

最後に本命のかずさで〆、ということで。




終盤に訪れる怒涛のごとき断絶はプレイしてるこっちの心もえぐられたなあ。具体的に挙げると飲み屋と小木曽家それぞれでの尋問シーン。会話が起こる度に春希の言葉選びの悪さと歯切れの悪さが際立ってて焦燥感を覚えずにはいられなかった。ゲームを通じてまるで胃が痛くなったような体験をすることになるとは。

正直クリア前はこの主人公、女性をどちらか決めてもどうせ近い未来にまた心が揺らいで、また周囲を傷付けるってのを一生繰り返すんじゃないのかなと思ってたんだけど、かずさと共にウィーンで暮らすという人生の一大決心は兎も角として、さすがに婚約破棄という裏切りには義理と責務感を抱いたようで、もうループしないだろと、プレイヤーとしては安堵の瞬間だったね。まあその終わりこそが北原春希そしてWHITE ALBUM 2の終わりそのものでもあるのだが。

雪菜エンドでは、ずっと三人という「三人の平均を取った幸せ」が実現されたが、このお花畑のような結末は結局雪菜の無自覚さそのものではないだろうか。
かずさエンドは、春希とかずさが周囲との葛藤に悩まされつつも一致させた結末で、まるで雪菜エンドとは対極にあるように思える。ベッドルームに二人きりという静寂感あるエピローグも、家族や友人たちがいる世界と二人きりの世界の対比になっている。

最後の雪菜のビデオレターとPOWDER SNOWについては色々な解釈があるみたいなのでネットで拾い読みして楽しむことにしよう。


という訳でコンプリート。プレイ時間はおおよそ140時間強。
結局最初から最後までかずさ派だった。もう本当にあの忠犬っぷりが可愛い。
一ヶ月ほどWA2のことを考えてばかりになるくらい文句無しの作品でした。