読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WA2 coda 浮気ルートクリア

引き続きルート個別の感想。




かずさと春希が互いに嘘を続け合って深みに嵌っていくストーリーで、物語が進むにつれどんどん春希が不誠実になり麻薬中毒者のような言動や行動まで見られる始末。
いい加減プレイヤー側としては何故こんな男にヒロインはいつまでも依存し続けるのかとフラストレーションが高まりつつあるところだったが、やはりシナリオはそういうことをわかっておりしっかりその方向性で落とし前を付けてくれた。
先に嘘から現実へ抜け出して別れを切り出したのはかずさの方だった。私が好きなのは五年前の誠実でみんなから頼られるいいんちょ君で今の腑抜けは偽物の春希であるとしてプレイヤーの気持ちを代弁したところにカタルシスがあった。なのである意味では予想通りというか、先の展開が読みやすいシナリオだった。

始めには、自分には偽りの言葉をかけ続けてくれればいいと春希の嘘を許容したが、このまま自分と居続けると相手が社会的に壊れてしまうと自覚する二律背反を抱え込んだかずさが不憫でしょうがなかった。後半になるにつれて、特に発情時の言動や依存ぶりがいろいろな意味で激しくなっていったのはこういう内面があったからなのかも。すっぱりと別れを切り出して強気な嘘を重ねるかずさに二重の優しさを感じるほかなかった。

シーン回想モードのcoda以降のルート別ページ名に"浮気"という文字列を見かけたので、プレイ前からその存在を知っていた浮気ルートであったが、結末からエピローグは割と前向きな感じで締めくくられた。だけど、かずさというキャラクターの内面を深く掘り起こしたルートなのに結果として一番報われてないのがかずさというオチなので、ここは残るかずさルートに期待したい。