PS2とXboxで使ってる現役バリバリのカプジャムスティックの中Pと中Kボタンが最近効かなくなったので、近所のホームセンターで工具を揃えてきて底板と天板を開けてみた。

  • プラスドライバー
  • 7mmソケットレンチ

天板裏と RAP 内部掃除中 ボタンチェック中
中古品であるため最初開けた時の中の惨状は目を当てられるものでは無かった。埃の塊や謎の毛など非常に生理的嫌悪感を催す汚染具合に参るほかなく。20分くらいかけて入念に内部を掃除した後は、ボタンを端子から外そうと試みたものの硬くて取り外せず怖くなったので交換を諦めて、今一度埃を履いてから蓋をしただけで終わり。
ところが、一応3rdで動作を確かめてみたら中P中Kも効くようになってて拍子抜けである。ユンの幻影コンボもユリアンの中タックルタックルヘッドもボタンの不自由無く出来てしまうので、めでたしめでたしなのか? 端子に触れるまで接触が悪かったのだろうか。ボタン交換をしなくとも操作性が改善した例として記しておくことにした。