対アロウン

前書き

リアンノンを除いたらこの組み合わせほど終わってる対戦はそうそう他に無いんじゃないかってくらいの運ゲー
不利な立ち回りをテンション管理しながらかわしていき、不利な読み合いに何度も勝つ必要がある。
中でも魔法狩りは食らったら投了レベル。

開幕

様子見が無難だけどアロウンが飛んでくる確信があるならこちらも前飛びした方が有利。垂直はあまり意味ない。
空中風陣はガードさせるだけで意味がある。
カミュなら開幕柔破が飛んでこないのを確認してから生呼びするのもいい。

対空

空対空の出会い頭ならJA>A風陣が間違い無いと思う。4fだし。
JC読みでA当身もあり。当身が通った後空ジャンプに切り替えてきたらここで産廃の5Cが初めて対空として機能するように。

中距離、アロウン5C先端とか柔破の間合い

テンションアップも兼ねてB当身をたまに出す。
向こうの飛びの軌道に噛み合わないしリスクリターンも合ってない生虎は自重。

近距離

暴れはしゃがみにも当たる5Aで。2A読みならバクステ風陣。
ガードで金剛が確定する2B止め、2B>C風陣は封印。安全なのは2B>A風陣の入れ込みのみ。
由宇皐月ならAC両方の柔破斬にパッシブが確るので軟膏を貼る大チャンス。
めくりJB連打に対してはとっととBJガードで逃れる。

遠距離

ニグレド(波動拳)に対して相打ちOKなB虎ぶっぱが割とアリ。ダッシュやC柔破に当たるものならメシウマ。
皐月ならこの距離が一番心強い。6Dから無責任に軟膏とか。

実用的な小ネタ

  • カミュ6Dが上に置いてある状態でアロウンがHSを出すと当たる。
  • B鋼破(下段派生)をガードしたらリバサ超虎が確る。
  • 天破をガードしたら2B空振りからウィツァルネミテア。