ヒウィッヒヒー所感

 自分はヒウィッヒヒー(あってますか)そのものと付随の騒ぎには無関心ですし、広瀬香美さんの twitter (@kohmi) をフォローしていませんから、特に twitter 上で言及することもありませんでした。が、やはり有名税なのでしょうか、先に挙げた「ヒウィッヒヒー」をはじめとする広瀬香美さんの twitter 上での言動を讃え祭り上げている人が居る一方で、気に食わないと感じたり嫌悪感を発言で示すユーザも居るのです。

 だけどせっかくの twitter 、見る範囲を自分で簡単に調整できる twitter なんだから、自身が無関心なものをわざわざ見て、飽き足らずその土俵に自分から上がりこんでまで盛り上がっている脇で嫌悪感の表明をするのもいかがなものなあと思うのです。つぶやき内容は自由だし、一回くらい愚痴るのは仕方ないところもあるとは思いますが、連続して書かれた場合にはそれを見た側がどのように思うのかは想像に難くないと思います。

 現在あれに嫌悪感を抱いている人に似た具体例を出しますと、テレビ番組等の実況タイムラインでのことでしょうか、百~数百人をフォローしている大半の twitter ユーザはあの実況のつぶやきの洪水を知っていると思います。最近だと 6 月末に放送された新劇場版ヱヴァンゲリオン・序のテレビ放送時のタイムラインがすごかったですね。ですが、そういう時になった時にたまに見かけるのが、そのタイムラインの流れに倣えない人、その時に自分が少数派になってしまうタイムラインへの dis りです。自分はこれをあまり好ましく思っておりませんし、逆に自分が流れに乗れない場合になった場合、流れと関係なしにいつも通りに自分の趣味のつぶやきを延々と流しまくるなどします。というか、話題の統一性とか関係なしにつぶやきが流れているのが元々の twitter の姿なので、たまたま自分が居合わせた瞬間に、タイムラインが特定のひとつの流れになっていたとしても、つぶやくのに関してはあまり関係ないんですってば。ラミエルは美しい。

 話を戻します。さすがに有名人のつぶやきということで、 ReTweet*1 で自分から見ようともしなくとも目に入ってしまうこともあるでしょうし、ふぁぼったー (http://favotter.matope.com/)*2 を見てる人なども同様。なので、嫌悪感を示すものを本当に見たくないのであれば NG ワード機能などがある twitter クライアントの導入をしたりするべきですね。嫌悪感を示すものを本当に見たくないのであれば。

 ぼくが設定しているニコニコ動画コメントNGワード - イ(略)裏 という記事を少し前に書きました。自分の視界から消されるべきものが淘汰されたニコニコ動画の画面は本当に美しくて楽しかった。嫌なものにはラップを、という自分の信条がここまで文字を書かせました。

*1:他人の発言を引用して自分のタイムラインに投稿すること。

*2:ふぁぼったーのクロールの形式上、どうしても有名人 twitter ユーザの発言は掲載されやすい。