携帯電話の脳腫瘍リスクを調べる史上最大の調査、中間報告は最悪

携帯電話の脳腫瘍リスクを調べる史上最大の調査、中間報告は最悪 : ギズモード・ジャパン

この調査でイスラエル人研究者たちが発見したのは、携帯電話を使う人は使わない人より脳腫瘍ができる確率が50%も高いこと。

Interphoneが英国、デンマーク、ノルウェイ、スウェーデン、フィンランドと行った共同調査でも、携帯利用10年を超える人は腫瘍ができるリスクが40%高いことが分かってます(利用10年未満の人にリスクは認められなかった)。