思ったこと

リバ直後の瀕死状態の時、近くに献身的にリカバリーをかけに回ってくださる魔法型の味方がいるのにもかかわらずエリクサーを大量に飲んで回復する人について。

いいんですよエリクサーの所持量に余裕があるんだったら。試合終わるまで完走できるのであれば。実際、重量50もするエリクサーでたったの2000回復なんてリカバリーやフォースのパフォーマンスからしたら雀の涙みたいなものですけどね。

まあ、それで味方の回復に任せればいいのに、飲まなくていいエリクサーをガブガブと消費しては尽きた途端に「エリください」とおっしゃりやがるのは自業自得以外の何者にも思えないのは僕が感覚型*1、または時々魔法しかやらないからでしょうか。

他人のエリクサーですよ。微々たる額ながら他人のゲルダによって買われたエリクサーです。そこのところの自覚を持ってくれたら嬉しく思います。

*1:それにその感覚型の片方は所持量依存の攻撃を主流とする狐ですし。