ポケモン金記_02

周りと比べて進度があまりにも遅いけど、携帯ゲームをまったりやるのは好き。

前回の釣り人ばかりいる道路を南下するとポケモンセンターと洞窟があったので暫くここを拠点にして経験値稼ぎと洞窟のアイテム回収をした。洞窟の中に出てくる野性はズバットイシツブテ、イワークの3種。おまけにトレーナーもやまおとこが2人ばかり居てもうこちらの攻撃が通らないの何の。ヒノアラシとホーホーの2匹ですからね。大体、ヒノアラシのえんまく→にらみつけるでガリガリ弱体化させた後で攻撃してたかなあ。ワニノコだったらさぞかし簡単なダンジョンだっただろうね。そういえば金曜になるとこの洞窟にラプラスが出たっけな。

で、出た。なにやら穴の前に懐かしのロケット団がなんか居た。「おれって いいやつ?」。久しいなあ。ルビーは確かマグマ団とかだったしなあ。

そこを西に進むとすぐ2つめのジムがあるのかもしれない町に。センターで回復したらすぐジムへ行こうとと思ったけどまたもやロケット団員が封鎖してまして。何かフラグ立てないと開かないようなのでとりあえず更に西に進みウバメの森に行ってみたけど、途中でいあいぎりで切る木があったのてここは違うなあと。道中野生で出てきたサンド(♀)を捕獲。レオゴメスと名付けておく。これでパーティーが3匹になった。

で、既にガリガリ進めてるクラスメイト曰く、森じゃなくてガンテツという爺さんの家に行けとか。そういえばそういうボール職人いましたね。なにやら街の名物であるヤドンがロケット団に誘拐されているらしい。自転車と同じ位の速さで家を出て行ったその老人を追いかけると、先ほど封鎖されていた穴(井戸でした)に入れるようになっていたので中に進む。ここにいるヤドンに話してかけると「しっぽをきられている」的なテキストが出てくるんですがなんともウッ。とりあえず1回もセンター行かずに団員を殲滅。奥にはかいりきで動かせそうな岩があった。覚えておこう。

町に戻ると案の定ジムが開いておりました。室内庭園というジムでした。維持費大変そうですね。それにしても初プレイの当時は、ここで最初に戦う事になろうふたごちゃんという新トレーナーに衝撃を受けました。ドット絵偉大なり。衝撃といえば、初代でいうむしとりしょうねんが、金銀ではトレーナー毎に名前が発注されたためにむしとりと省略されていたことにも衝撃を受けました。そんな発売日当日。ちなみにトレーナーは全員レオゴメスに倒させて経験値を稼がせました。

ジムリーダーのツクシ君。ストライクとかなかなかいいポケモン持ってます。最初のトランセルとコクーンはレオゴメスLv14一人で倒していったのですが、ストライクのれんぞくぎりの威力が凄まじく、HPをぎりぎり1残してルギア(ホーホーね)にチェンジ。つつくが、効果抜群なはずなのですがゲージがあまり減らず、でんこうせっかで押されルギアまでも赤ゲージになってしまったので、ここで切り札あぶら(ヒノアラシ)を投入。まあひのこで倒せないはずがなく、他2体は満身創痍ですがなんとか勝利です。全員レベルアップしてヒノアラシでんこうせっか、ホーホーがさいみんじゅつを覚えました。1600円カツアゲしましたが律儀におかあさんに少し送りました。次々と収入を得ている我が子が一体何をしているのやら、母君の心配に同情します。あ、そんな世界観だったら気にしないか。

で、次はウバメの森に行くらしいので進んだらライバルの○○○(個人情報保護法により)が後ろから現れました。こいつストーカー?バトルになり、いきなりゴースを出してきました。将来、このゴースがゲンガーになったらこいつにも友達がいるということかな。いや、最近のことだからwi-fi通信で進化させているかもな...!どうでもいいですね。

で、最後に出てきたアリゲイツ。ビルゲイツに名前似てるなって思った。この時こちらのポケモンは赤ゲージのレオゴメスだったので、とりあえず攻撃が命中するまですなかけを。で、2ターンくらいしたら倒されましたが、あえてルギアではなくあぶらを繰り出し、こいつもまたえんまくを連発して命中を下げる事に徹しました。6段階下げ切った後はもうみずてっぽう(笑)って感じ。

またまたウバメの森。逃げ回るカモネギを捕獲する事に。困っていた人のところから1,2歩下がったら画面最下部にもう現れました。自力でやれっていう。それにしても何かを追いかけるイベントはドラクエ6のファルシオンを思いだすなあ。ハッサンハッサン

捕獲後にひでんマシン01を頂いたので、技が未だ2つしかないレオゴメスに。

次のジムリーダーは鬼門のアカネか......90年代を生きたゲームっ子で、アカネの名を覚えてない人はほとんど居ないんじゃないか?っていうくらい鬼門ですよねアカネ。ミルタンクのころがる!